真庭市内の小中学校で、学校給食をオール真庭産の食材で賄う事業

『真庭食材の日』が行われました。

 

昨年度からはじまった取り組みで、

児童に地元の味覚を知り、郷土愛を育むことを目的としています。

 

蒜山にある八束小学校では、以下のようなメニューでした。

・ひるぜん大根の菜めし
・ニジマスの甘辛揚げ
・蒜山野菜のあっさり漬け
・ジャージー牛乳
・ジャージーヨーグルト

 

各校で独自のメニューを考えての給食で、

本年度はあと2回実施される予定です。


▲クリックすると拡大してご覧いただけます。