美甘地域の私有林で、市内外の林業関係者が約100人集まり、

高性能機械のデモンストレーションが行われました。

 

高性能機械は、草や笹など、山に生えた下草を刈る機械です。

機械課による造林作業の効率化や省力化を図ることが目的です。

 

林業作業では、木の伐採後、新たな苗木を植えるために、

人力で地面の草や枝を取り除く作業があります。

この高性能機械は、その作業を行います。

 

傾斜に応じて運転席を水平に保つ機能や、

急傾斜になると警告ブザーがなる機能も付いています。

 

先月ご紹介したスマート農業に続き、

林業分野でも最先端の取り組みが行われています。