勝山にある勝山文化往来館ひしおで、展示した作品を片付けて作品を作るワークショップが開催されました。

12/6〜12/22に開催されていた「高基敦基展」

会場には、現在の真庭市民と同じ数の洗濯バサミ(約43,000個)で作られた、巨大なオブジェが展示されていました。

期間中はたくさんの方が訪れ、その迫力に魅了されていました。

中には「この作品はどうやって組み立てるの?」「片付けはどうするの?」といった声も。

 

そこで、片付けワークショップが開催されることとなりました。

あわせて、洗濯バサミを使った作品制作も。

当日の様子が動画にアップされているので、ぜひご覧ください。