勝山町並み保存地区は商店や民家の軒先に「のれん」がかかっていることから「のれんの町」と呼ばれています。

笑顔ののれん、トマトののれん、不思議な模様ののれんなど、実に個性豊かです。

それぞれののれんには、どんな物語があるのでしょうか?

そんなのれんの物語が、「山里手暮」というWebサイトの中で紹介されています。

「山里手暮」は、真庭市勝山地区のものづくりの文化を発信するサイト。

のれんの物語のほかに、こんにゃく作りや竹細工体験などのワークショップの情報も掲載されています。

 

「山里手暮」では、のれんがInstagramのようにズラッと表示されます。

画像をクリックすることで、のれんの物語を読むことができます。


▲のれんがInstagramのように表示されている(山里手暮より)

 

また、町並み保存地区では、のれんの側にQRコードを設置

読み取ると、「山里手暮」のページにアクセスできる仕組みです。

観光で訪れた際も、すぐにのれんの物語を読むことができます

 

制作の背景や思いを知ることで、地域の歴史や文化をより深く知ることができます。

ぜひ一度、ご覧になってください。

 

【リンク】

山里手暮(トップページのれんの物語Instagram