冬の醍醐桜を楽しむイベントが開催されました。

 

真庭市別所地区にある醍醐桜は、樹齢700年以上といわれている巨大な桜の木です。

のどかな山里の中で圧倒的な存在感を放ち、見る人を魅了します。

しかし、見頃を迎える春以外の季節は、訪れる人は限られていました。

 

「春以外の醍醐桜、別所地区にも足を運んでもらいたい」

 

そう思った別所地区の方々を中心に企画されたのが、今回のイベント「醍醐桜のよるあかり」です。

当日は、手作りの竹灯りとともに醍醐桜をライトアップ。

薄ピンク色に照らされた醍醐桜はとても幻想的で、まるで満開を迎えたようでした。

 

また、箏の演奏や飲食ブースの出店、アート作品の展示などもあり、賑わいのある夜となりました。

 

今回のイベントの他に、11月は廃校を活用したアートイベント「MANIWART」を開催するなど、盛り上がりを見せている別所地区。

ぜひ、春以外のシーズンも足を運んでみてください。


▲手作りの竹灯り▲

 

「醍醐桜のよるあかり」のような真庭市のイベント情報は、ManiColleも発信しています。

週末のお出かけの参考にしてくださいね!


▲真庭のイベント情報はManiColleをチェック▲

 

なお、当日の様子は真庭いきいきテレビさんのYouTubeチャンネルでもご覧いただけます!