真庭市は、5つの町と4つの村が合併して生まれた広い広いまちです。

そんな真庭には、魅力ある地域がたくさんあります。

今回はその中から、『勝山地域』を紹介します。

のれんが揺れる城下町

のれんが揺れる町並みが美しい勝山地域。

古くは美作勝山藩
2万3千石の城下町として栄え

旧出雲街道の交通の要所でした。

白壁に格子窓、高瀬舟の発着場跡など
多くの歴史を感じられます。

町のシンボルである”のれん”は
お店や診療所だけでなく
各家庭の軒先にも。

手がけているのは
「ひのき草木染工房」さん。

”住まい手”と協働して
1枚1枚に思いを込めて
オーダーメイドで創作されています。

このように
勝山には”のれん”をはじめとする
ものづくりの豊かな文化が
根付いています。

竹細工や和紙製品
さらにはクラフトビールまで。

そんなものづくりを
体験してもらおうと、
毎年秋には
「勝山町並み・体験クラフト市」が
開催されます。

勝山にお越しの際は
その豊かなものづくり文化に
ふれてみてくださいね。

活気あふれるイベント

勝山地域では
毎年さまざまなイベントが開催されます。

代表的なものは
「勝山祭り 喧嘩だんじり」でしょう。

江戸時代後期より続く伝統的な祭り。

旧出雲街道沿いの町々で開催される
迫力満点の秋祭りです。

飾られた優雅なだんじり同士が
ぶつかり合う姿は必見。

地元の方だけでなく
観光客も多く集まります。

ほかにも、桃の節句には
各民家の軒先にお雛さまがズラリ。

その数約150。

江戸時代から受け継がれたものから
手作り雛まで
特色のあるお雛さまを楽しめます。

のれんとお雛さまのコラボは
勝山の町並みを
さらに風情あるものにしてくれます。

他にも、最近では
「新町マルシェ」と呼ばれる
マルシェイベントも

定期的に開催されています。

勝山だけでなく、真庭市各地から
魅力的なお店が集まってきますよ。

カフェやジム、文化の拠点も

のれんやイベント以外にも
勝山の町には楽しいスポットがたくさん。

通りを歩けば
ランチやコーヒーを楽しめる
オシャレなカフェ。

高台には
文化やアートを展示・発信する
勝山文化往来館ひしお。

江戸時代後期より続く
伝統的な”御前酒”。

そして町並み保存地区の1番奥には
木の香りが心を癒すステキな図書館。

さらに、2020年9月には
フィットネスジムもオープン。

歴史ある町は
かつての面影を残しつつも
新しい文化が
ポツポツと芽生えています。

【リンク集】
・勝山町並み保存地区(真庭観光WEBLINEトラベル
・勝山文化往来館ひしお(ホームページFacebook真庭観光WEB
・勝山町並み・体験クラフト市(ブログFacebookYouTubeチャンネル
・勝山木材ふれあい会館(ホームページFaceboook
・真庭市立中央図書館(ホームページFacebook
・ひのき草木染織工房(ホームページFacebook