真庭市は、5つの町と4つの村が合併して生まれた広い広いまちです。

そんな真庭には、魅力ある地域がたくさんあります。

今回はその中から、『久世地域』を紹介します。

トンネル桜の美しい真庭市の中心地

久世地域は
真庭市の中心地。

人口が多く
市役所の本庁舎や
ショッピングモール
昔ながらの商店街があります。

真庭市内には
旧出雲街道の宿場町がいくつかありますが
久世地域もその1つ。

陣屋や代官所といった
行政の中心施設が置かれた
「陣屋町」だったようです。

そんな久世地域の象徴の1つが
旭川沿いに約1kmに渡って植えられた
ソメイヨシノ。

道の両側に並ぶ桜並木は
満開の時期になると
道を覆うトンネルのように咲き誇ります。

トンネル桜
中から見るか
川の反対側から見るか

楽しみ方は人それぞれです。

夜にはぼんぼりが灯され
幻想的な夜桜を楽しめます。

趣のある木造校舎

久世地域のもう1つの象徴が
旧遷喬尋常小学校の校舎。

趣のあるルネッサンス式の木造校舎は
国指定重要文化財に指定されています。

完全なシンメトリーのデザインと
白亜の外観が特徴。

1907年(明治40年)に建てられて以来
1990年(平成2年)の夏まで84年間
地域の小学校として幾多の生徒を
見届けてきました。

現在は一般に開放され
当時の面影残る教室や講堂を
見学することができます。

また、校庭ではマルシェイベントも
開催されます。

時代は変わっても
久世の人々を
そして真庭の人々を見守っています。

「まにワッショイ」というゆるやかなつながり

真庭市のウリといえば「人」

真庭市は
9つの町村が合併してできた広いまち。

地域によって人の気質や生活スタイルが
とても個性的です。

そんな真庭の人々が
”ゆるやかに”つながっているのが

「まにワッショイ」です。

まにワッショイは団体や組織ではなくて
久世を拠点とする”ゆるい”人のつながり。

まちを元気にする活動に
みんなで楽しんで取り組みます。

商店街でビアガーデンを開催したり。
バンド活動をしてみたり。
YouTube配信をしてみたり。

旧遷喬尋常小学校で開催されている
「なつかしの学校給食」も
まにワッショイの取り組み。

みんなで制服を着て、席について
小学生の頃の気分を楽しめます。

まにワッショイでは
1人が「これやりたい」と言えば
みんなが全力で応援・協力する

そんな風潮があります。

だから地域を盛り上げるおもしろい活動が
どんどん生まれます。

最近では
久世駅前の空き家を改修して
人の集える場所を作っているとか。

真庭でおもしろい人を知りたかったら
まにワッショイのメンバーが多くいる
久世商店街に行ってみましょう。

【リンク集】
・旧遷喬尋常小学校(ホームページ真庭観光WEB
なつかしの学校給食(真庭観光WEB)
久世トンネル桜(真庭観光WEB)
・まにワッショイ(FacebookYouTube