真庭市は、5つの町と4つの村が合併して生まれた広い広いまちです。

そんな真庭には、魅力ある地域がたくさんあります。

今回はその中から、湯原にある『(やしろ)地区』を紹介します。

中世の歴史が残る地区

社地区は、名湯『湯原温泉』の東、
周囲を山々に囲まれ、涼やかな水が湧く、
自然豊かな地域です。

よくある山あいの集落かと思いきや、
未だ謎の多い、
中世の歴史が色濃く残っています。

神社やお堂、石造物や城跡など、
いくつもの遺跡が点在しています。

また、中世より、神秘的な祭礼が
行われてきました。

現在でも神輿の出る本祭、
大きな数珠をまわす百万遍など、
中世の文化を色濃く残す
祭礼が行われています。

格式高い『式内社』

社地区は、豊富な水源と豊かな土壌、
そして災害が少ないという
恵まれた土地柄で、
古代より経済的な基盤が整っていました。

そんな社地区には、
平安時代に、朝廷により指定された
格式高い神社『式内社』が
8つ存在しています。

かつての美作国にあった
11の式内社のうちの
8つが集中しているため、

社地区は、当時の朝廷と
深い関わりがあったと考えられます。

さらに、神道の式内八社と
仏教の『大御堂』が共存しているなど、
日本独特の文化である神仏習道の
名残も残っています。

これらの歴史や文化は、
今なお地域の方々によって
大切に守られ、
次世代に受け継がれています。

そして、これらの歴史や地域の魅力を
わかりやすく解説する
『地元ガイド』も人気です。

自然豊かな地区で、
あなたも平安の世に
タイムスリップしてみては
いかがでしょうか。

地域だより『灯しび』

社地区で主体的に地域づくりを
進めているのが

地域住民が主体の
『社地域振興協議会』です。

歴史の伝承や農産物の活用、
放置竹林の整備や竹の活用など、
さまざまな活動に取り組んでいます。

活動の様子は、
社地域振興協議会だより『灯しび』で
ご覧いただけます。

2ヶ月に1回発行され、
地域の動きがトピック別に
紹介されています。

社地区のホームページより
ご覧いただけますので、
1度見てみることをおすすめします。

地域が元気な様子が
わかりますよ。