真庭市は、5つの町と4つの村が合併して生まれた広い広いまちです。

そんな真庭には、魅力ある地域がたくさんあります。

今回はその中から、『北房(ほくぼう)地域』を紹介します。

日本一のホタルの里

真庭市の最も南に位置する
北房地域。

あたり一面に広がる田園風景と
凛とした山々の美しい地域です。

そんな北房地域は
四季折々の顔を持っています。

代表は『ホタル』

北房地域を流れる備中川では
毎年6月上旬から中旬にかけて
ゲンジボタルが乱舞します。

ホタルの乱舞は1カ所だけでなく
川沿いに何kmにもわたって続きます。

北房の町から川沿いに遊歩道が続いており
川の下流から上流に向かって
ホタルを楽しむことができます。

川を埋め尽くすホタルの光は
夏の訪れを告げる幻想的な光景です。

その美しさから、北房地域は
『日本一のホタルの里』と
いわれています。

儚く揺れるホタルの光は
時の流れを忘れさせてくれるでしょう。

秋はコスモス冬はイルミネーション

秋になると
北房地域には100万本のコスモスが
咲き誇ります。

ホタルが舞う備中川沿いはもちろん
『コスモス広場』でも
たくさんのコスモスが見られます。

実は、コスモスは旧北房町の町花。

町を盛り上げたいという
地元の方々の思いから

コスモス広場が整備され

毎年地元の方々による
種まきが行われています。

秋には広大な土地を埋め尽くす
コスモスを一目見ようと

県内外からたくさんの観光客が訪れます。

そして、冬になると
コスモス広場にはイルミネーションが
出現します。

ハート型の回廊や縁結びスポットなど
幻想的な空間が広がっています。

イルミネーションの期間は
クリスマスからバレンタインの約3ヶ月。

家族と
友人と
大切な人と

忘れない思い出を作りに来ては
いかがでしょうか。

春を告げるぶり市・ひなまつり

年が明けると
伝統のイベントが開催されます。

2月に開催される『ぶり市』は
300年以上続く伝統行事。

その昔、山間部の北房地域では
海の幸は珍しいものでした。

『正月くらいは海の幸を食べよう』と
当時の代官が許可したことが
始まりとされています。

2月の第1日曜日には
海産物や特産品など
様々な商品を並べた様々な露店が
軒をつらねます。

そして、3月は
『中津井雛の文化まつり』

北房地域内の町、中津井は
古くから備中国と美作国の中継地。

今でも当時の町並みが残っています。

まつりではその町並みに雛人形が飾られ
町を彩ります。

代々受け継がれてきた雛
手作りの創作雛など
一軒一軒個性のある雛人形。

そしてクライマックスは
江戸時代末期の嫁入りを再現した
『輿入れ道中』

侍者を従えた嫁入り行列は圧巻で
当時の町の繁栄を
映し出しているようです。

 

四季折々の表情を見せる北房地域は
自然と文化の美しい場所です。

眼に映る北房地域の風景は
忙しい日常を忘れさせてくれるでしょう。

【リンク集】
・北房観光協会(ホームページFacebook
・北房のホタルについて(真庭観光局岡山観光WEB
コスモス広場
・中津井ひなの文化まつり(ホームページ岡山観光WEB
北房ぶり市