岡山県真庭市
移住定住ポータルサイト
       

日本一こだわった『北房キムチ』 | 北房生活交流グループ
 

YAMABICO Clip No.005

2020年07月24日 by 藤本 一志

マルシェを通じて、つながる地域の輪。

同じ真庭市といえど、南北50km、東西30kmと、その広さは岡山県下最大。

そんな広い広い真庭市の各地で活躍する人たちが
一同に集結して交流する「やまびこマーケット」。

時には真庭市内だけでなく、真庭市の外からも仲間がやって来ます。

 

地域(山)を超えて活動する仲間とその活動を、
私たちは声が飛び交う様子にたとえて
「やまびこ」と呼びます。

このコラムでは、地域を超えて活動する仲間たちを紹介します。

YAMABICO Clip No.005

北房生活交流グループ   (北房)

 Food 

真庭市の南部、北房地域で、40年にわたって
加工食品を作ってきたお母さんグループ、
北房生活交流グループ。

 

彼女らは、日本一こだわっているキムチ
『北房キムチ』を作られています。

 

韓国出身の元地域おこし協力隊、
姜ユンスさんと意気投合し、
北房キムチは生まれました。

 

姜さんが幼い頃、お母さんが作ってくれた
すりおろした梨入りのキムチ。

そして北房地域は梨が特産品。

 

規格外品で出荷できない梨を活用したい
という姜さんの思いから、
北房キムチは誕生しました。

 

韓国に30人しかいないキムチ名人を招き、
本場のレシピを伝授してもらいました。

 

日本のいいもの×韓国のいいもの

 

キムチならではの辛さの中に、
ほんのり甘みが感じられるのが特徴です。

 

地元の新鮮な野菜を使った

北房のお母さんたちしか作れない味を

ぜひご堪能ください。


藤本 一志

岡山市から真庭市へ移住。COCO真庭スタッフ・米農家・Webライターの3つの生業をしながら暮らしている。ブログ→赤トンボの田舎暮らし

ライター記事一覧

Privacy Preference Center