マルシェを通じて、つながる地域の輪。

同じ真庭市といえど、南北50km、東西30kmと、その広さは岡山県下最大。

そんな広い広い真庭市の各地で活躍する人たちが
一同に集結して交流する「やまびこマーケット」。

地域(山)を超えて活動する仲間とその活動を、
私たちは声が飛び交う様子にたとえて
「やまびこ」と呼びます。

このコラムでは、地域を超えて活動する仲間たちを紹介します。

YAMABICO Clip No.028

木工房もものたね(湯原)

 WOODWORKING 

真庭市は木材のまち。

製材所や公共施設など
まちの至るところで
木を目にします。

木を扱う職人さんもたくさん。

「木工房もものたね」さんは
真庭産の木を使って
木工雑貨を作られている職人さん。

木の香り、手触り、
ぬくもり、やさしさに魅せられて

夫婦で創作活動をはじめられました。

主に制作されているのは木の小物。

手元に置いておくと
なぜか落ち着くのだとか。

木から感じるこの独特の感覚を届けたい。

大切な人、身近な人のプレゼントに
していもらいたい。

だから1つ1つ丁寧に手作りして
無添加・無着色の天然オイルで
仕上げています。

また、真庭のマルシェで
お馴染みとなった”リヤカーゴ”も
作られています。

真庭で育ったヒノキで作られた
リヤカーゴが並ぶ様子は
まちに新たな彩りをあたえてくれます。

マルシェを訪れる方はもちろん
出店者さんも少し嬉しくなります。

ほかにも、真庭市各地で
もものたねさんの作品を見かけることも。

暮らしの中に木のぬくもりを。
まちの中に木のある風景を。
世代を超えて受け継がれる木の味わいを。

木工房もものたねさんによって
新しい”いのち”が吹き込まれた真庭の木。

お手にとって
木のぬくもり・やさしさを
感じてみてください。