マルシェを通じて、つながる地域の輪。

同じ真庭市といえど、南北50km、東西30kmと、その広さは岡山県下最大。

そんな広い広い真庭市の各地で活躍する人たちが
一同に集結して交流する「やまびこマーケット」。

地域(山)を超えて活動する仲間とその活動を、
私たちは声が飛び交う様子にたとえて
「やまびこ」と呼びます。

このコラムでは、地域を超えて活動する仲間たちを紹介します。

YAMABICO Clip No.041

佐藤紅商店(高梁市)

 Seasoning 

紅色の町並みが美しい
高梁市吹屋地区。

江戸時代には
紅色の顔料「ベンガラ」の産地として栄え

当時の商家たちが作った紅色の町並みは
今なお大切に受け継がれています。

そんな吹屋地区で
柚子胡椒をはじめとする調味料を
製造されているのが

今回紹介する佐藤紅商店さんです。

柚子胡椒と出会ったのは
高梁市の地域おこし協力隊として
活動されていたときのこと。

地域の人たちと食卓を囲む中で勧められた
自家製柚子胡椒がとても美味しくて
「特産品として売り出したい」と思い
地域の方々と協力して商品化されました。

商品名は「吹屋の紅だるま」

地元で作った唐辛子と柚子を使い
地元のレシピで
保存料・化学調味料を使わずに
シンプルに作られています。

一般的な柚子胡椒は緑色ですが
「吹屋の紅だるま」は
鮮やかな赤色なのが特徴。

そして、蓋を開けると
爽やかな柚子の香りが広がります。

汁物や肉料理、お刺身など
幅広く活躍する万能辛味調味料です。

 

やまびこマーケットには
岡山市の西川緑道公園で開催したときに
出店されました。

たくさんのダルマが
ジッとこちらを見つめる様子は

一際注目を集めていました。

開催されたのが寒い時期だったので
一緒に出していた柚子胡椒入り豚汁も
大人気でした。

 

佐藤紅商店さんでは、柚子胡椒以外にも
地元産の食材にこだわった

さまざまな商品を販売されています。

高梁市を中心として
岡山県内・全国各地で販売されており

真庭市内でも道の駅醍醐の里や
真庭あぐりガーデンで販売されています。

寒い時期にとっても合う
ホットでキュートな調味料を
お楽しみください。