マルシェを通じて、つながる地域の輪。

同じ真庭市といえど、南北50km、東西30kmと、その広さは岡山県下最大。

そんな広い広い真庭市の各地で活躍する人たちが
一同に集結して交流する「やまびこマーケット」。

地域(山)を超えて活動する仲間とその活動を、
私たちは声が飛び交う様子にたとえて
「やまびこ」と呼びます。

このコラムでは、地域を超えて活動する仲間たちを紹介します。

YAMABICO Clip No.042

スミダ商店(久世)

 FOOD 

商人の町として栄えた真庭市久世地域。

商店街には現在でも多くのお店があり
若い店主たちが中心となって
活気に満ち溢れています。

そんな久世商店街で
戦後70年以上続く八百屋さんが
今回紹介するスミダ商店さんです。

スミダ商店さんは
真庭市産の野菜や調味料、加工品を

多く取り扱っている
地産地消を大切にされているお店です。

現在の店主は
3代目の住田明大さん。

おいしい野菜や加工品を作る生産者と
それを買ってくれるお客様をつなぐ
”架け橋”のようなお店にしたいと
さまざまな取り組みを展開されています。

お店を継ぐなり、店舗を改装。

野菜ソムリエの資格を取得し
2014年からはオリジナルジャムの
製造・販売も始めました。

また、地元作家さんをお呼びして
店内に黒板アートを設置。

定期的に書き換えてもらうことで
新鮮味あふれる店内になる
工夫もされています。

ほかにも勝山のカフェや
久世のパン屋さんとタッグを組み

定期的に店先で出前販売を開催。

そんな取り組みもあって
お店はいつも幅広い年代のお客さんで
にぎわっています。

明るい雰囲気の店内に加え
住田さんの元気な声を聞くと
買い物が一層楽しくなります。

 

住田さんは
商店街のほかのお店の人たちと一緒に
地域を盛り上げる活動にも積極的です。

市民団体「まにワッショイ」の
創設者の1人として

さまざまなイベントを開催。

昭和の学校給食メニューが味わえる
「なつかしの学校給食」

商店街で開催するビアガーデン
「くせdeのみ〜の」

真庭市内のお店でテイクアウトを推進する
「うちde食べ〜の」

まにワッショイから派生したバンド
「配膳ボーイズ」の
リーダー兼ボーカルも務め

YouTubeチャンネルも運営されています。

 

自身のお店だけでなく
商店街や地域のために
活動される住田さん。

スミダ商店は
生産者とお客様をつなぐ架け橋であり

地域の人々をつなぐ架け橋でもあります。

リンク
公式ページ
・公式SNS(FacebookInstagram
この地に生きる2(8)住田明大さん(山陽新聞)
・まにワッショイ(FacebookYoutube

お店情報
・所在地:岡山県真庭市久世2854
・営業時間:8:00〜18:30
・定休日:日曜・祝日
・問い合わせ:0867-42-0230