岡山県真庭市
移住定住ポータルサイト
       

勝山町並み保存地区で「のれんの引き渡し式」が行われました。

真庭ほっとニュース

2022年03月02日 by 甲田智之

真庭市の勝山町並み保存地区は、「のれんの町」として知られています。

 

軒先に色とりどりののれんが揺れているため、「風の見える町」と呼ばれ、多くの観光客が訪れています。

 

先日、その勝山町並み保存地区の中にあるフリースペース「顆山亭(かざんてい)」にて、毎年恒例の「のれんの引き渡し式」が行われました。

これまで町並みにあるのれんすべてを手がけてきた染織家、加納容子先生が、希望する住民に向けて「新たなのれん」を製作。

 

住民ひとりひとりに想いを馳せ、耳を傾けて、イチからデザインを起こしたのれんが、楽しみにしていた人たちの手に渡りました。

 

当日は加納容子先生みずから、ひとつひとつののれんを解説。

 

受けとった方は皆さん、新しいのれんを見つめながら、ほころんでいました。

 

のれんの引き渡し式は、聞いたところによると今年で26年目。

 

勝山町並み保存地区の歴史とともに歩んできたのれんは、いまや100軒以上の軒にかかっていると言われています。

 

勝山にお立ち寄りの際は、散策がてら、ぜひ、ひとつひとつののれんをゆっくりとご覧ください。

 

◆加納容子先生の工房について
ひのき草木染織工房&ギャラリー(HPFacebook

◆勝山の楽しみ方をまとめたサイト
山里手暮


甲田智之

真庭市在住。株式会社はこらぼ前代表取締役。文章を書いて、つらつらと暮らしている。2児のパパ。Twitterアカウント→@kohda_products

ライター記事一覧

Privacy Preference Center