岡山県真庭市
移住定住ポータルサイト
       

旧保育園舎を改装した自家製ベーグルのお店。姜侖秀さん・工藤朋子さん【真庭の人びと18】

2023年05月05日 by 甲田智之

会いに行ける「真庭の人びと」vol.18

ようこそ。ディープな「真庭」の世界へ。
ここでは実際に「会いに行ける人」を紹介しています。

真庭への観光と合わせて、ぜひ繋がっていただけましたら、と思います。

 

姜 侖秀(かん ゆんす)

工藤 朋子(くどう ともこ)

 

廃園となった旧北房保育園舎でカフェ「TABIBITO SHOKUDO」を立ち上げた姜さんファミリー。

美味しい自家製ベーグル、ふわふわの韓国版かき氷ソルビンがオススメのお店。

キムチづくりから始まり、古民家を改修した多国籍シェアハウスなど
いろんなアイデアを形にしてきた姜さん。
そして全力でひた走る旦那さんを支える朋子さん。

じつはどちらもアーティスト。
姜さんは俳優として、地元のお姉さま方からも人気。

優しく知的な微笑みがズキュンときて、たまらない。

朋子さんはフローリストとして、花を添えたり、お庭を管理したり、ワークショップをしたり。

店内が子どもにとっても、大人にとってもステキな空間なのも
本場イギリスの「コッツウォルズ」仕込みの朋子さんならでは。

さらに2人娘のなりちゃん・ゆりちゃんも真庭のいろんなメディアに登場している。
子どもたちが寝たあとに、こっそりおやつを食べるのが楽しみ。

夫婦ともにトリリンガル。
日本語も英語も韓国語も堪能。

ちなみに、姜さんが日本語を覚えたのは、
阿部寛主演ドラマ「結婚できない男」をすり切れるほど観たかららしい。

 

会える場所は、ココ。

 

TABIBITO
SHOKUDO
〒716-1433
真庭市下呰部415−1
Tel:0866−56−0380
HP:https://www.tabibito-shokudo.jp

多国籍シェアハウスに来てくれた旅人が地元の食材で、
母国の家庭料理を作ることから始まったTABIBITO SHOKUDO。

2019年からは廃園になった旧北房保育園をリニューアルし
自家製ベーグルを中心にしたカフェになりました。

園庭は遊具も残っていて、子供は楽しく、
大人は安心してゆっくり時間を過ごすことが出来ます。

——

企画原案:真庭観光局
企画協力:岡山県立大学デザイン学部
原稿執筆:甲田 智之
〈WEB・SNS〉

デザイン:加藤 彩佳
プロデューサー/チーフディレクター/アドバイザー:酒井 悠(地域おこし協力隊キャプテン)

——

この企画は、真庭観光局が発行した冊子『真庭の人びと2022』のスピンオフです。
詳しくは、こちらの記事「真庭の人たちを紹介する冊子ができました」をご覧ください。
また、COCO真庭の公式Instagramでも、「真庭の人びと」公開中です。

ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/cocomaniwa/

甲田智之

真庭市在住のもの書き。2児のパパ。Twitterアカウント→@kohda_products

ライター記事一覧

PICK UP

トップページ
新着情報
真庭のくらし
 - 真庭市について
 - 真庭びと
 - 地域と人
真庭に移住
 - 移住の流れ
 - 移住Info
移住支援一覧
お問い合わせ
2023年9月8日
嬉しくなってついつい飲み過ぎちゃう。勝山「ろまん亭」店主。松尾敏正さん【真庭の人びと36】
2023年12月1日
論理的思考でお客様ファーストの農業を実践。鈴木一成さん【真庭の人びと48】
2023年12月8日
スケボーもできる上合寺の住職。文谷健悟さん【真庭の人びと49】
2023年6月9日
真庭の道を知り尽くした男。森正人さん【真庭の人びと23】

Privacy Preference Center