岡山県真庭市
移住定住ポータルサイト
       

菩薩が現れたかと思った。「さとてらす」の和田ひろみさん【真庭の人びと71】

2024年05月10日 by 甲田智之

会いに行ける「真庭の人びと」vol.71

ようこそ。ディープな「真庭」の世界へ。
ここでは実際に「会いに行ける人」を紹介しています。

真庭への観光と合わせて、ぜひ繋がっていただけましたら、と思います。

 

和田 ひろみ(わだ ひろみ)

 

菩薩かと思った、と訪れた人は言う。

落合の山の上にある「普門寺」住職の奥さん。

結婚を機に真庭へ移住して、いまでは真庭の素晴らしさを伝えるのが生きがいに。
しかも伝え方は司会業をしているから、プロフェッショナル。

真庭の観光地域づくりマネージャー。

上田むらの暮らしを体験できる村民体験プログラムを企画、運営する「さとてらす」の代表も務めている。
まとめるよりも楽しく巻き込むスタイル。

人と話すのが大好きで、いつもとびきりの笑顔で参拝者を迎えてくれる。
ただじつは、ツンデレに弱いという弱点が。
ツンデレされちゃうと参ってしまう。
旦那さん(住職)がツンデレらしい。
照れながらバシバシ人を叩いちゃう。

和田さんと話すとご利益があると言われ、歩くパワースポットになっている。
「まにわ婚」を手がける「まにわブライダルプロジェクト」でも、その力を遺憾なく発揮。
結婚する男女に幸を授けている。

紫陽花や四季桜など、普門寺は花が有名な山寺。

でももしかしたら「花の山寺」の「花」って和田さんのことなのかも、とみんなが思っている。
それを証明するように、色とりどりの作務衣を持っている。

 

会える場所は、ココ

 

さとてらす
〒719-3132
真庭市田原山上2127(普門寺内)

Tel:0867-52-0739
Fax:0867-52-4733

地域の風土や魅力を伝える村民体験プログラムを企画・運営販売を行います。

——

企画原案:真庭観光局
企画協力:岡山県立大学デザイン学部
原稿執筆:甲田 智之
〈WEB・SNS〉

デザイン:加藤 彩佳
プロデューサー/チーフディレクター/アドバイザー:酒井 悠(地域おこし協力隊キャプテン)

——

この企画は、真庭観光局が発行した冊子『真庭の人びと2022』のスピンオフです。
詳しくは、こちらの記事「真庭の人たちを紹介する冊子ができました」をご覧ください。
また、COCO真庭の公式Instagramでも、「真庭の人びと」公開中です。

ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/cocomaniwa/

甲田智之

真庭市在住のもの書き。2児のパパ。Twitterアカウント→@kohda_products

ライター記事一覧

PICK UP

トップページ
新着情報
真庭のくらし
 - 真庭市について
 - 真庭びと
 - 地域と人
真庭に移住
 - 移住の流れ
 - 移住Info
移住支援一覧
お問い合わせ
2023年1月13日
魅惑のフルーツ。谷本吉照さん【真庭の人びと02】
2023年2月3日
何かが起こるパワースポット「おかもと旅館」岡本康治さん【真庭の人びと05】
2023年4月21日
ワインに魅せられたダンディズム。植木啓司さん【真庭の人びと16】
2023年12月15日
バンド×軽四耐久レース×木山神社の宮司。鈴木宏志さん【真庭の人びと50】

Privacy Preference Center