2019年3月に閉校した旧二川小学校。

地域の方々の拠り所として活用方法を検討してきましたが、主に経済的な利用から活用方法が決まっていませんでした。


▲旧二川小学校校舎▲

 

そんな中、岡山市に本社があり、「古本市場」を経営する(株)テイツーより、マンガ本10万冊の寄贈を受けました。

テイツーでは、地域と連携した地方創生に取り組んでいます。

その一環として、廃棄される本を再利用して地域の活性化に役立てようとしています。

 

また、マンガ本と一緒に本棚も寄贈してもらいました。

職員さんもお越しになり、10万冊の本をあっという間に本棚に並べられていました。


▲かつて教室だった部屋にマンガがびっしり▲


▲幅広い世代のマンガがありました。状態も非常に良く、まだまだ楽しめます。▲

 

さらにテイツーは、地域の人にまんが館運営のノウハウも伝えることになっています。

ほかにも岡山理科大学の学生さんが活用方法を検討するワークショップに来られたり、地域の方と行政職員の積極的な意見交換があったりと、来年春のオープンを目指して着々と進んでいます。

 


▲岡山理科大学の学生さんが来られたときの様子をまとめた動画です。▲

 


▲畳やクッションのある”くつろぎ空間”もありました▲


▲どこか懐かしい雰囲気の廊下の両サイドにはマンガがびっしり!▲

 

二川地区は、豊かな森林と美しい川が流れる自然豊かな地区。

湯原温泉・蒜山高原ともに車で15分と、観光地にも近い場所にあります。

まんが館がオープンしたら、ぜひお越しくださいね。

 

【関連記事】

・二川地区の紹介:隠れた桜の名所〜二川地区〜
・二川地区の取り組み:デマンド交通開始!