岡山県真庭市
移住定住ポータルサイト
       

200年以上の伝統を継ぐ御前酒の杜氏。辻麻衣子さん【真庭の人びと12】

2023年03月24日 by 甲田智之

会いに行ける「真庭の人びと」vol.12

ようこそ。ディープな「真庭」の世界へ。
ここでは実際に「会いに行ける人」を紹介しています。

真庭への観光と合わせて、ぜひ繋がっていただけましたら、と思います。

 

辻 麻衣子(つじ まいこ)

 

勝山で200年以上の伝統を継ぐ
御前酒蔵元「辻本店」の杜氏(とうじ。酒づくりの一切を取り仕切る蔵人の長)。

全国的にも珍しい女性の杜氏。

根っからのカンペキ主義ゆえ、お酒づくりに妥協はない。
その徹底したこだわりと、地元の素材を使うことが「美味しいお酒」になっている。

最近では、大学で国際政策文化学を学んだ経験から、アメリカやヨーロッパ、アジアなど広く海外にも展開を進めている。
勝山、真庭から世界の「SAKE」になっている。

そんな辻さん。
じつはお願いされると断れないおひとよし。
コラボしたいという地元の素材があれば実現しちゃうかも。

さらにお酒に合うおつまみをつくるのも大好き。
梅干し、らっきょう、ハリッサ(辛口調味料)など。

ただ、おつまみも仕込みはじめたら、ついつい杜氏としてのスイッチが入っちゃう。
その結果、絶品の保存食ここに極まれり。

日本酒の垣根を超えるような新たな可能性を模索しつづけており、いつか「日本酒の壁を壊したい」と思っている。

静かな情熱に燃えながら、今日も御前酒、ひいては日本酒業界の「これから」を仕込んでいる。

 

会える場所は、ココ。

 

御前酒蔵元
辻本店
〒717-0013
真庭市勝山116
Tel:0867-44-3155
Fax:0867-44-5290
HP:https://www.gozenshu.co.jp

創業1804年(文化元年)。
当時の藩主に献上していたことから「御前酒」の銘を受ける。
岡山県産雄町米と古代製法「菩提酛」で唯一無二の酒を醸す。

 

——

企画原案:真庭観光局
企画協力:岡山県立大学デザイン学部
原稿執筆:甲田 智之
〈WEB・SNS〉

デザイン:加藤 彩佳
プロデューサー/チーフディレクター/アドバイザー:酒井 悠(地域おこし協力隊キャプテン)

——

この企画は、真庭観光局が発行した冊子『真庭の人びと2022』のスピンオフです。
詳しくは、こちらの記事「真庭の人たちを紹介する冊子ができました」をご覧ください。
また、COCO真庭の公式Instagramでも、「真庭の人びと」公開中です。

ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/cocomaniwa/


甲田智之

真庭市在住のもの書き。2児のパパ。Twitterアカウント→@kohda_products

ライター記事一覧

PICK UP

トップページ
新着情報
真庭のくらし
 - 真庭市について
 - 真庭びと
 - 地域と人
真庭に移住
 - 移住の流れ
 - 移住Info
移住支援一覧
お問い合わせ
2023年3月31日
普段づかいのお菓子屋さん。大西舞さん【真庭の人びと13】
2023年8月11日
ふかふかベッドの誘惑。貸しコテージ「ピーターパン」のオーナー。スケンバリありささん【真庭の人びと32】
2023年3月3日
新庄村のアニキ的存在。磯田光一さん【真庭の人びと09】
2023年5月19日
自転車とともに。野崎雄二郎さん【真庭の人びと20】

Privacy Preference Center