岡山県真庭市
移住定住ポータルサイト
       

自転車とともに。野崎雄二郎さん【真庭の人びと20】

2023年05月19日 by 甲田智之

会いに行ける「真庭の人びと」vol.20

ようこそ。ディープな「真庭」の世界へ。
ここでは実際に「会いに行ける人」を紹介しています。

真庭への観光と合わせて、ぜひ繋がっていただけましたら、と思います。

 

野崎 雄二郎(のざき ゆうじろう)

 

勝山から石川県金沢まで、40時間かけて自転車をこぎ続けたことがある。
自転車とともに生きている「ノザキサイクル」店主。

自転車屋は1925年(大正14年)創業。

自転車好きに悪い人はいない、とお店を訪ねる人だれとでもすぐに打ち解けられる。
人と話すのが大好きで、人見知りがまったくない。
お酒を飲めば、さらにギアが上がる。
美人に弱く(本人談)、さらにさらにギアが上がっていく。

店頭に出て、かれこれ30年以上。
もともとバイクにも乗っていたが、サーキットで転倒。
バイクが燃え尽きるのを眺め、それきりサイクリング一筋。

と思いきや、クレー射撃、フライフィッシング、鮎釣りと趣味が止まらない。
何でも面白がって、話題にこと欠かない。

勝山の喧嘩だんじりも愛している。
もっと地域が盛り上がれば、と「しんまちマルシェ」などを仕掛ける「協同組合 新町」の発起人でもある。

毎日10kmぐらいは真庭市内を自転車で走っている。
真庭市内で颯爽と駆けるサングラス姿の男性を見かけたら、野崎さんかも。

また毎月、息子さんと一緒に近くの高田神社に一日参りを続けている。
最近、鈴も奉納したらしい。

※野崎さんは2022年に逝去されましたが、
息子の天我(てんが)さんが代表を務め、お店は今もにぎわいに溢れています。

 

会える場所は、ココ。

 

ノザキサイクル
〒717-0013 真庭市勝山311
Tel:0867-44-2736
Fax:0867-44-2736
HP:https://nozaki-cycle-s.webnode.jp

1台1台、お客様と一緒に自転車を組み上げていきます。

——

企画原案:真庭観光局
企画協力:岡山県立大学デザイン学部
原稿執筆:甲田 智之
〈WEB・SNS〉

デザイン:加藤 彩佳
プロデューサー/チーフディレクター/アドバイザー:酒井 悠(地域おこし協力隊キャプテン)

——

この企画は、真庭観光局が発行した冊子『真庭の人びと2022』のスピンオフです。
詳しくは、こちらの記事「真庭の人たちを紹介する冊子ができました」をご覧ください。
また、COCO真庭の公式Instagramでも、「真庭の人びと」公開中です。

ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/cocomaniwa/


甲田智之

真庭市在住のもの書き。2児のパパ。Twitterアカウント→@kohda_products

ライター記事一覧

PICK UP

トップページ
新着情報
真庭のくらし
 - 真庭市について
 - 真庭びと
 - 地域と人
真庭に移住
 - 移住の流れ
 - 移住Info
移住支援一覧
お問い合わせ
2023年6月30日
「大正の鶴」蔵元の落酒造場5代目。落昇さん【真庭の人びと26】
2023年12月22日
真庭発(初)の地ビール「美作ビアワークス」。三浦弘嗣さん【真庭の人びと51】
2023年1月6日
秘訣はスーパー忍耐力。芦田倍芳さん【真庭の人びと01】
2023年3月31日
普段づかいのお菓子屋さん。大西舞さん【真庭の人びと13】

Privacy Preference Center