岡山県真庭市
移住定住ポータルサイト
       

湯原に来たらまずはここ。「湯原温泉ミュージアム」にいる伴野良子さん【真庭の人びと74】

2024年05月31日 by 甲田智之

会いに行ける「真庭の人びと」vol.74

ようこそ。ディープな「真庭」の世界へ。
ここでは実際に「会いに行ける人」を紹介しています。

真庭への観光と合わせて、ぜひ繋がっていただけましたら、と思います。

 

伴野 良子(ばんの よしこ)

 

湯原温泉に来たら、まずはここ。
「湯原温泉ミュージアム」内の湯原観光情報センター。

湯原温泉のことをなんでも教えてくれる。
機械を使わず、自然のチカラだけでどんどん湯が湧く湯原温泉のように、しゃべり出したら熱を帯びて止まらない。
ドドドという勢いは、湯原ダムを放流したのか、と思うほど。

湯原のことを余すことなく伝えたくて仕方がない。
ついつい大きくなっちゃう声がとってもチャーミング。

湯原といえば「はんざき(オオサンショウウオ)」。
はんざきについても何かと詳しい。
はんざきを守るため、夜の調査活動にもたびたび参加している。

いつも元気で賑やか。
ミュージアム内でネコちゃんを愛でている姿がたびたび目撃されている。
毎年
88日に行われる「はんざき祭り」に向けて、三味線を練習中。

ちなみに、「伴野さんに似ている人がいる!」という都市伝説のような話が多数あがっているが、それはたぶん同センターの竹田公江さん。
湯原の阿佐ヶ谷姉妹として、すでに本家「阿佐ヶ谷姉妹」と共演を果たしている。

 

会える場所は、ココ

 

湯原観光情報センター
〒717-0402
真庭市湯原温泉124
Tel:0867-62-2526
Fax:0867-62-3933
HP:https://www.maniwa.or.jp/yubara/


湯原温泉の窓口として皆様にご案内をしています。
観光情報センターは、温泉ミュージアム内にあり、お土産や休憩所、古本店舗、卓球など楽しめ、
2Fは温泉と歴史の資料館です。
湯原温泉をはじめ周辺のご案内もしています。

——

企画原案:真庭観光局
企画協力:岡山県立大学デザイン学部
原稿執筆:甲田 智之
〈WEB・SNS〉

デザイン:加藤 彩佳
プロデューサー/チーフディレクター/アドバイザー:酒井 悠(地域おこし協力隊キャプテン)

——

この企画は、真庭観光局が発行した冊子『真庭の人びと2022』のスピンオフです。
詳しくは、こちらの記事「真庭の人たちを紹介する冊子ができました」をご覧ください。
また、COCO真庭の公式Instagramでも、「真庭の人びと」公開中です。

ぜひフォローをよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/cocomaniwa/

甲田智之

真庭市在住のもの書き。2児のパパ。Twitterアカウント→@kohda_products

ライター記事一覧

PICK UP

トップページ
新着情報
真庭のくらし
 - 真庭市について
 - 真庭びと
 - 地域と人
真庭に移住
 - 移住の流れ
 - 移住Info
移住支援一覧
お問い合わせ
2023年3月3日
新庄村のアニキ的存在。磯田光一さん【真庭の人びと09】
2023年1月20日
釣り好きドライバー。小林督治さん【真庭の人びと03】
2024年4月26日
自転車と英語の両輪「蒜山サイクリングサービス」東條真也さん【真庭の人びと69】
2023年6月30日
「大正の鶴」蔵元の落酒造場5代目。落昇さん【真庭の人びと26】

Privacy Preference Center